コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《Tabula smaragdina》 Tabulasmaragdina

世界大百科事典内の《Tabula smaragdina》の言及

【エメラルド碑板】より

…エメラルドに刻まれた最古とされる錬金術文献。別称《タブラ・スマラグディナTabula smaragdina》。作者はヘルメス・トリスメギストスとも,ヒラム王とも信じられているが,また一説には12世紀ころのものとも言う。…

※「《Tabula smaragdina》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《Tabula smaragdina》の関連キーワードエメラルド碑板

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android