《The Civic Culture》(英語表記)TheCivicCulture

世界大百科事典内の《The Civic Culture》の言及

【臣民】より

…臣民は,国民が主体的・能動的であるのに対し,客体的・受動的であるが,それだけに臣民的要素が強ければ,政治は安定しやすい。こうした点に着目して,参加型の政治文化と臣民型の政治文化とが混合した文化をもつ社会において最も安定した政治が実現されると説いたのがアーモンドG.A.AlmondとバーバS.Verbaの《市民社会の政治文化The Civic Culture》(1963)である。【阿部 齊】。…

※「《The Civic Culture》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android