コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あぶみ骨筋(読み)あぶみこっきん

世界大百科事典内のあぶみ骨筋の言及

【中耳】より

…また,小さな2個の筋肉が鼓室の内側にあり,耳小骨について強大音で収縮し,内耳に対する保護作用をもつと考えられている。あぶみ骨につくあぶみ骨筋と,つち骨につく鼓膜張筋がそれである。中耳腔のさらに内側の骨の中には内耳がある。…

【耳】より

…あぶみ骨はあぶみの形をしており,高さ約3.3mm,あぶみ骨底は約3mm×1.5mmのほぼ楕円形をなし,前庭窓に収まっている。 耳小骨には鼓膜張筋とあぶみ骨筋という二つの耳小骨筋がつく。鼓膜張筋は耳管軟骨上面に付着し,さじ状突起で直角にまがり,つち骨柄上部に付着する。…

※「あぶみ骨筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android