コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いもち病菌 いもちびょうきん

世界大百科事典内のいもち病菌の言及

【カスガマイシン】より

…(化学式)1965年に奈良の春日大社の境内の土壌から分離された放線菌Streptomyces kasugaensisが生産する農業用抗生物質で,イネの重要病害の一つであるいもち病の防除に用いられる。薬剤はイネ体内に浸透移行して,いもち病菌Piricularia oryzaeの生育を阻止する。キャプタンという殺菌剤と混合するとトマトの葉かび病に有効で,また動物医薬としても用いられる。…

※「いもち病菌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

いもち病菌の関連キーワードいもち病(リードカナリーグラス)いもち病(トウモロコシ)いもち病(シコクビエ)いもち病(ライグラス)いもち病(フェスク)リン脂質生合成阻害剤メラニン生合成阻害剤いもち病(稲熱病)ピリミジン系殺菌剤ブラストサイジンS電子伝達系阻害剤宿主抵抗性誘導剤カスガマイシン医薬用発酵稲熱病寄生菌

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android