コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いも栽培農耕 いもさいばいのうこう

世界大百科事典内のいも栽培農耕の言及

【いも(芋∥薯∥藷)】より

…日本語にいもというような総称語が存在することも,いもと日本人との関係の深さを示しており,英語のtuberには,このいものような語意の広がりも深さもない。
【いも栽培農耕】
 いも類を主食として栽培している農耕は,穀類栽培農耕に比較すると現在ではそれほど広い地域に広がってはいないが,南アメリカのアンデス山地のジャガイモを主とした農耕(ジャガイモはヨーロッパでも重要な作物になっている),南アメリカ熱帯のキャッサバ農耕,西アフリカのヤマノイモ類農耕,太平洋諸島のヤマノイモ類とサトイモ類を中心とした農耕などがあげられる。 いも類の栽培は,茎や根によって栄養繁殖が行われ,簡単な掘棒や鍬だけで耕作され,しばしば焼畑耕作と結びついている。…

※「いも栽培農耕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone