コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えら心臓鞘(読み)えらしんぞうしょう

世界大百科事典内のえら心臓鞘の言及

【えら心臓(鰓心臓)】より

…軟体動物のうち最も敏しょうな運動を行う頭足類は多量の酸素を必要とするが,えら心臓はそれに対する形態適応で,頭足類の循環血液の圧力と速度を増すための器官である。えら心臓を囲むえら心臓鞘(しよう)は体腔の一部とされ,それに付着する小体は排泄器官の一つである。【奥谷 喬司】。…

※「えら心臓鞘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報