おがみ虫(読み)おがみむし

世界大百科事典内のおがみ虫の言及

【カマキリ(蟷螂∥螳螂)】より

…2本の鎌を持ち上げて,祈りをささげているような姿勢をしていることがある。このしぐさ,姿などから,各地で〈おがみ虫〉〈予言者〉など種々の呼名があり,英名や学名のMantisも〈予言者〉の意のギリシア語からきている。これは見つけた虫を今にもとらえようとしている捕獲のための姿勢であり,射程距離に入るや,鎌をのばし,打ち振り,小虫をとらえるのである。…

※「おがみ虫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android