コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おく おく

世界大百科事典内のおくの言及

【寝室】より

…桃山時代から江戸時代の初期にかけて,納戸はその表構えが座敷の飾りの一つとして残されるが,実際の機能は通路的なものになり,寝室としては普通の座敷が使われたようである。民家においては,江戸時代の初期までは〈ねま〉〈なんど〉〈おく〉などと呼ばれ,座敷の裏に当たり,居間に隣り合った部屋が寝室に使われた所が多い。寝間【鈴木 充】。…

【納戸神】より

納戸にまつられる神。納戸はヘヤ,オク,ネマなどと呼ばれ,夫婦の寝室,産室,衣類や米びつなどの収納所として使われ,家屋の中で最も閉鎖的で暗く,他人の侵犯できない私的な空間である。また納戸は女の空間でもあり,食生活をつかさどるシャモジとともに,衣料の管理保管の場所である納戸の鍵も主婦権のシンボルとされていた。納戸神をまつる風習は,兵庫県宍粟郡,鳥取県東伯郡,岡山県真庭・久米・苫田・勝田郡,島根県の隠岐島一帯,長崎県五島などに濃く分布し,家の神の古い形を示すものとされている。…

【寝間】より

…江戸時代の民家で,家長の夫婦や幼児の就寝に使われた部屋の呼称。〈なんど〉〈おく〉〈へや〉などとも呼ばれ,特殊な呼称に〈ちょうだ〉〈ねどこ〉〈ねじき〉などがある。部屋の形状は,江戸時代前半までは三方を壁で閉ざし,入口の敷居を20cmほど高くし,半分を壁にして板戸を1枚引き込み,外から施錠できるようになっているものもある。…

※「おく」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

おくの関連キーワード源氏物語奥入下馴らし胸に畳む奥村尚寛小物入れ奥村悳輝溜め井用水池下聞き持仏棚囲い物牛小屋押え木洋服掛寝越し物入れ終夜灯文厨子常備薬奥越前

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おくの関連情報