コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おんし おんし

世界大百科事典内のおんしの言及

【御師】より

…熊野についで伊勢神宮に御師の慣習が発達し,この方は前者と異なって各地の先達(せんだつ)を介さず,自身檀家に赴いたり,または代官を檀家回りに派遣するのを常とした。伊勢御師はとくに〈おんし〉と呼ばれたというが,地方に赴く際に祈禱大麻のほかに,扇,帯,茶,白粉(おしろい)(伊勢白粉)などを檀家にもたらして喜ばれ,商人的色彩を帯びるに至った。応永(1394‐1428)ころには熊野の御師は,尊勝院・実報院などをはじめとして60~70家もあったらしく,檀那は全国に分布し,はるかに隔たる陸奥地方にも多かった。…

※「おんし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

おんしの関連キーワード島根県隠岐郡海士町知々井大麻(神道)久志本常真伊勢(1)陰子・蔭子井の頭公園康子内親王青ノ洞門田中親美学士院賞朱雀天皇杉木望一上野公園村上天皇中川乙由保明親王杉木普斎磯部百鱗中田心友上部貞永

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

おんしの関連情報