お伽芝居(読み)おとぎしばい

世界大百科事典内のお伽芝居の言及

【児童劇】より

…世界各国に同じようなものが見られ,その多くは日本同様,一種の教育的な目的(演劇教育)をもって行われている。 日本における児童劇は,川上音二郎一座が,1903年(明治36)に東京の本郷座で上演したおとぎ話の劇化であった《浮れ胡弓(こきゆう)》などの〈お伽(とぎ)芝居〉に始まるとされている。以後大正期にかけ〈有楽座子供日〉(日曜・祝日)などの劇場主体の子供むけ公演が持たれ,専門劇団も姿を見せるようになった。…

※「お伽芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報