かかあ天下(読み)かかあでんか

世界大百科事典内のかかあ天下の言及

【群馬[県]】より

…おもな養蚕地帯は赤城,榛名の山麓から北部の低い段丘や丘陵地にかけた地域である。ちなみに上州名物として空っ風とともに知られる〈かかあ天下〉の語は,県の中心的な伝統産業の養蚕と製糸が,おもに婦人の労働に依存し,家庭内での経済的実力も大きく言葉使いも活発なところから使われるようになったといわれる。一方,コンニャクは在来種を中心に下仁田付近に集中していたが,戦後新品種が広まり,連作が可能になるなどによって生産が急増し,栽培地域も拡大した。…

※「かかあ天下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かかあ天下の関連情報