コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かき型 かきがた

世界大百科事典内のかき型の言及

【鋳物】より

… 模型は,少量生産の場合,見切面で分割した一体の模型が使われるが,大量生産の場合には,プレートの上下に見切面で分割した模型をつけたマッチプレートや,別々のプレートに上型用,下型用の模型をつけたパターンプレートが使われる。なお特殊な模型として,引き型(まわし型),かき型と呼ばれるものがある。これは,回転体(円筒形の中子など)や同一断面の連続する鋳物をつくる際や,少量生産で模型費のかさむ場合に用いられ,心棒や案内板によって板を回転させたりかいたりするものである。…

※「かき型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android