かけあし

世界大百科事典内のかけあしの言及

【足跡】より

…常歩(なみあしwalking)というのは短い歩幅でのこのこ歩く場合であり,速歩(だくあしtrotting)はキツネなどが足早にとことこと軽く駆ける場合をいい,繫駕(けいが)レースのウマの駆け方はこれである。襲歩(かけあしgallopまたはrunning)は全力疾走の場合で,競走馬やドッグレースのイヌなどの駆け方である。一般に歩いているときよりも駆けるときのほうが,足跡は大きく深くつくものである。…

※「かけあし」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報