コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かなづかい主査委員会 かなづかいしゅさいいんかい

世界大百科事典内のかなづかい主査委員会の言及

【現代かなづかい】より

…さらに,臨時国語調査会の後身国語審議会は,42年字音かなづかいのみについて〈新字音仮名遣表〉を発表したが,これも文部省の採択するところとはならなかった。第2次世界大戦後,アメリカ側からの国語改革についての勧告もあり,国語審議会は新たにかなづかい主査委員会(委員長安藤正次,ほか委員19名)を設け,かなづかい改定にのりだした。46年6~9月にかけて12回の委員会のすえ,国語・字音両方のかなづかいを一本とした現代かなづかいの案が完成した。…

※「かなづかい主査委員会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android