のり付機(読み)のりつけき

世界大百科事典内ののり付機の言及

【繊維機械】より

…(4)織布機械 織物を作るための一連の機械で,準備機械,織機などが含まれる。各種の糸を緯糸(よこいと)用,経糸(たていと)用に巻き返すワインダー,経糸を一定の幅で平行に並べてビームに巻き取る整経機,後の工程でのトラブルを少なくするためののり付機,綜絖(そうこう),筬(おさ)などに経糸を通すための経(へ)通し機(リーチングインまたはドローイングマシン),あるいは織機に仕掛けられている経糸を1本1本つなぐための経継ぎ機(タイイングマシン)などを織布準備機械という。織機には手足で操作する手織機,動力で運転する力織機,自動織機(有杼(ゆうひ)および無杼織機)などがあり,紬(つむぎ),絣(かすり),綴織(つづれおり)などの伝統織物,手芸品以外は,ほとんど自動織機が用いられている。…

※「のり付機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android