コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヒンガー,I. あいひんがー

世界大百科事典内のアイヒンガー,I.の言及

【アイヒ】より

…フランクフルト・アン・デル・オーデル近郊に生まれ,法学・中国学を修めたのち文筆活動に入り,従軍・捕虜生活を経て第2次世界大戦後再出発した。1950年に〈47年グループ〉賞を受け,53年,ともに同グループに属する女流作家アイヒンガーIlse Aichinger(1921‐ )と結婚。59年ビュヒナー賞を受賞,ベン亡きあとの西ドイツで影響力最大の詩人となった。…

※「アイヒンガー,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android