コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウレリアヌム あうれりあぬむ

世界大百科事典内のアウレリアヌムの言及

【オルレアン】より

…ローマ人の征服以前にも,すでにガリア人の一部族の集落ゲナブムGenabumがあり,ローマ人も居住していた。カエサルのガリア遠征(前52)のときに破壊されたが再建され,後にローマ皇帝アウレリアヌスの名にちなんでアウレリアヌムAurelianumとなり,4世紀初め司教座が置かれる。現在の名はこれに由来。…

※「アウレリアヌム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アウレリアヌムの関連キーワードオルレアン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android