コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオバシ あおばし

世界大百科事典内のアオバシの言及

【ススキ(芒∥薄)】より

…これらのススキは神の依代や占有を示しており,水戸の鹿島社では新しくススキで屋根をふいて祭りをし,諏訪の御射山(みさやま)祭でも穂屋というススキの仮屋を作る。また,ススキのはし(箸)で半夏生(はんげしよう)にうどんをたべる風習が関東地方を中心に見られ,ニイバシとかアオバシといっている。ススキのはしは骨を拾うのにも使われ,仏のはしだからススキではしを作るなという所もある。…

※「アオバシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android