コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカパッチン あかぱっちん

世界大百科事典内のアカパッチンの言及

【テッポウエビ(鉄砲蝦)】より

…れき底に多いフタミゾテッポウエビA.bisincisus(体長3.5cm)の第1胸脚は円筒形で,掌部に1本の横溝がある。内湾の浅海砂泥底に多いテナガテッポウエビA.japonicus(体長4.5cm)のはさみは比較的細長いが,一様に赤褐色の体色からアカパッチンと呼ばれ,釣りの餌として利用されている。いずれの種もパチンという大きな音をたてるため,テッポウエビの名があるが,英名もpistol shrimpである。…

※「アカパッチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android