コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アギトアリ あぎとあり Trap-Jaw Ants

1件 の用語解説(アギトアリの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

アギトアリ

ハリアリ亜科アギトアリ属のアリ。東南アジアの熱帯・亜熱帯地域に分布し、森林の石や倒木の下に営巣する。体長は働きアリで1~1.3センチと大型で、体色は黒褐色から暗褐色。働きアリ以外の雄と雌は羽を持つ。180度に開く大きなあごと尾端に備えた毒針を利用し、小型の昆虫などを捕らえて食べる。日本では屋久島種子島など九州南部で生息が確認されていたが、2012年に入り、大阪府や岡山県、神奈川県など本州各地で相次いで発見されている。

(2012-11-22)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアギトアリの言及

【ハリアリ(針蟻)】より

…全世界に分布し,とくに湿潤な熱帯地方には多くの種類が分布している。日本産のものはノコギリハリアリAmblyopone silvestrii,ワタセハリアリProceratium watasei,オオハリアリBrachyponera chinensis,メクラハリアリCryptopone sauteri,アギトアリOdontomachus monticolaなど13属約30種類。見かけ上の腹柄は1節で,雌アリと働きアリは尾端に毒針を備えている。…

※「アギトアリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アギトアリの関連キーワード蟻植物山蟻サスライアリハリアリ(針蟻)クビレハリアリ亜科ハリアリ亜科ムカシアリ亜科ルリアリ亜科

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アギトアリの関連情報