アクラブ(読み)あくらぶ

世界大百科事典内のアクラブの言及

【さそり座(蠍座)】より

…アンタレスの名はアンティ+アレス,すなわち〈火星に対する〉という意味で,夏に火星がこの星座で衝の位置にくるときは,この星と火星とがその赤さを競いあうことから由来する。β星は2.6等と4.9等のともにB型の二重星で,アクラブ(アラビア語でさそりの意)の名がある。λ星は光度1.6等のB型星で,尾の先の毒針の左側の星に当たりシャウラ(毒針)の名で呼ばれる。…

※「アクラブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクラブの関連情報