コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグニ語 あぐにご

世界大百科事典内のアグニ語の言及

【トカラ語】より

…A語は仏典にのみ用いられ,B語より整理された構造をもつことから,これを仏典用文語であったとし,一方,B語はいくつかの小方言を内在し,仏典のほかに手紙や医学書などの世俗文献を書き残しているので,口語とする説が有力である。トカラ語という名称は,この言語(A語)がウイグル族によってトクリ(トフリ)Toxiri語と呼ばれていたとするドイツの学者F.W.K.ミュラーの見解にもとづくものだが,これは必ずしも適当ではなく,トカラA語をその文献の出土地域の中心であるカラシャールの旧名をとってアグニ語とし,B語をクチャ語あるいはクチ語と呼ぶことが行われる。トカラ語はインド・ヨーロッパ語のいくつかの古い特徴を保存しているが,他のどの語派と近親関係にあるかはまだ不明である。…

※「アグニ語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone