コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサバスカ・タールサンド あさばすかたーるさんど

世界大百科事典内のアサバスカ・タールサンドの言及

【アサバスカ[川]】より

…下流域には世界最大級のオイルサンド地域があり,開発が進められている。【正井 泰夫】
[アサバスカ・タールサンド]
 アサバスカ川下流域には,オイルサンド(タールサンド)鉱床として知られる地層が発達している。黒褐色で粘稠な,重質の炭化水素油(ビチューメンbitumen)を含む砂層(厚さは平均五十数m)で,深さ0~300mの所に面積2万5000km2にもわたって存在している。…

※「アサバスカ・タールサンド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アサバスカ・タールサンドの関連キーワードアサバスカ[川]アサバスカ川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android