コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサミドリシオグサ

1件 の用語解説(アサミドリシオグサの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

アサミドリシオグサ

からだは鮮やかな緑色を呈しやや光沢がある。多数の枝を出す糸状体である。叉状もしくは三叉状に分枝し,特に体上部において分枝は多くみられる。分枝の角 度は狭い。岩上の一箇所から,束のように生育する。手触りはやや固く,人の毛髪程度の固さでガサガサとしたボリューム感がある。押し葉標本にするとやや黄 色がかる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアサミドリシオグサの言及

【シオグサ(汐草)】より

…この同型世代交代の生活史の様式はとくにシオグサ型Cladophora typeと呼ばれる。種類数が多く,日本だけでも海産約30種,淡水産約3種が知られ,代表種として,海産種にはチャシオグサC.wrightiana Harvey,オオシオグサC.japonica Yamada,アサミドリシオグサC.densa Harveyなどが,淡水産種にはカワシオグサ(カモジシオグサ)C.glomerata KuetzingおよびマリモC.sauteri (Nees) Kuetzingがある。【千原 光雄】。…

※「アサミドリシオグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アサミドリシオグサの関連キーワードタブノキエメラルドグリーン青竹北狐新緑真しやか山繭糸燐灰石紅心大根慎ましやか

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone