コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシニウス・ポリオ,G. あしにうすぽりお

世界大百科事典内のアシニウス・ポリオ,G.の言及

【ローマ演劇】より

…ローマ悲劇は,ギリシア悲劇の模倣・翻案から始まり,ローマ化される方向に進みはしたが,アッキウス以後は重要な悲劇作家が出ず,共和政はやがて終りを告げた。 帝政期に入って,アウグストゥス帝の治世下では,高名な政治家であったアシニウス・ポリオGaius Asinius Pollio(前76‐後5)やオウィディウスなどが悲劇を書いたことが知られているが,彼らの作品はもはや舞台のものではなくなってしまった。ローマの悲劇でわれわれが今日読むことができるのは,ネロ帝治政下のセネカの作品だけである。…

※「アシニウス・ポリオ,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android