コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシライ間 あしらいあい

世界大百科事典内のアシライ間の言及

【アイ(間)】より

…《鉢木》《土蜘蛛》など。以上4種のほかに,一曲の最初に出て開演の糸口を与える〈口開(くちあけ)間〉が《鶴亀》《邯鄲》などに,ワキに名所を教える〈教エ間〉が《松風》《善知鳥(うとう)》などに,シテ・ワキ・ツレなどと交渉をもって筋の進展に加わる〈アシライ間〉が《安宅(あたか)》《道成寺》などにある。能の曲目によりアイの出ないものもあり,また,〈教エ間〉と〈語リ間〉というように一番の能に2種以上のアイが出るものもある。…

【アシライ[会釈]】より

…(h)アイ(間)の一種。《道成寺》の寺男や,《安宅(あたか)》の富樫(ワキ)の従者などのように,能の中の主要な役を務めるアイで,〈アシライ間〉という。(2)長唄囃子の用語。…

※「アシライ間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アシライ間の関連キーワード間狂言狂言

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android