コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジ化水素酸 あじかすいそさん

世界大百科事典内のアジ化水素酸の言及

【アジ化水素】より

…水,エチルアルコールによく溶ける。水溶液はアジ化水素酸と呼ばれ(古くトリアゾ水素酸とも呼ばれた),弱酸として働く。解離定数K=1.8×10-5(25℃)。…

【アジド】より

…たとえば,NaN3,KN3,AgN3,Hg(N3)2,Pb(N3)2,ClN3,BrN3,CH3N3,C6H5N3などのような化合物がそうである。-N3基は直線型のN-N-Nのような構造をもち,プソイドハロゲン(ハロゲン原子に似た性質を示す基)の一つであり,アジ化水素の水溶液はアジ化水素酸というようにハロゲン化水素酸に似た酸である。したがってアジドも多くの点でハロゲン化物と似ている。…

※「アジ化水素酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アジ化水素酸の関連キーワードアミン(化合物)シュミット反応カプロラクタムクルチウスアジ化水素アジ化鉛水素酸アジド

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android