コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アステカ式土器 あすてかしきどき

世界大百科事典内のアステカ式土器の言及

【アステカ文化】より

…メシカ文化にみるさまざまな文化要素は,すでに存在していたものを継承し,組織化して発展させたものであった。アステカ式土器と称されるオレンジ地黒線文土器は,メシカ族がメキシコ盆地に到着する以前から作られていたものであり,発掘されたみごとな美術工芸品類は,征服地から連れてきた工人によって作られ,複雑な宗教体系も征服地の似た性格の神々を組織化した結果であった。しかし,この事実はメシカ文化の価値を低めるものではなく,彼らもまたメソアメリカ文化の継承者であることを示すものであり,メシカ文化すなわちアステカ文化は,チチメカ文化の頂点の地位を占めることを示すものである。…

※「アステカ式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone