コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アステカ族 あすてかぞく

世界大百科事典内のアステカ族の言及

【アステカ文化】より

…アステカAztecaとは彼らの伝説上の起源の地,〈アストランAztlan〉の人を意味する。しかし,アステカ族はのちに,メシトリ神をあがめる人を意味する〈メシカMexica〉と称した。現在の国名メヒコまたはメキシコはこの名に由来しており,研究者の間では,この文化をメシカ文化と呼ぶ方が一般的である。…

【農耕儀礼】より


[南北アメリカ,オセアニア]
 新大陸の文化の形成に大きな役割を果たしたトウモロコシ栽培とその儀礼にも,穀物の擬人化や死と再生の観念がみられる。14世紀後半にメキシコ高原に文明を形成したアステカ族は,複雑な神話体系と多彩な農耕儀礼を生みだしたことで知られているが,彼らは毎年,秋の収穫が近づくと,豊穣神・地母神トラソルテオトルの再生の祭りを行い,この神に扮した1人の女性が犠牲にされると,1人の神官がその皮を身にまとい,その腿(もも)の皮を新しく生まれる穀神シンテオトルに扮する青年の頭にかけて,穀物の死と再生の劇を演じた。北アメリカの南西部に住むナバホ族の間では,トウモロコシの種まきに先立って種の祝福の儀礼が行われる。…

※「アステカ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アステカ族の関連キーワードモクテスマ[2世]ポポカテペトル火山イスタシワトル火山ケツァルコアトルトラルネパントラテノチティトランアスカポツァルコネサワルコヨトルファーミントンチャプルテペクアステカ文明テグシガルパイスタパラパアステカ文化コヨアカンテソソモクコルテスタンピコケレタロパチュカ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android