コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスマリ石灰岩層 あすまりせっかいがんそう

世界大百科事典内のアスマリ石灰岩層の言及

【ガッチサーラーン油田】より

…ガッチサーラーン油田は1927年に発見されたが,生産開始は40年で,パイプラインでカーグ島へ送油される。主要油層は第三紀漸新世~中新世のアスマリ石灰岩層で,上部の石灰岩は浅海成の礁状堆積物であるが,下部は苦灰岩化した石灰岩である。孔隙率は8~10%ときわめて小さいが,フラクチャーの発達や水圧破砕法の適用によって生産能力は1万5000~2万5000バレル/日となっている。…

※「アスマリ石灰岩層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android