アッバーティ,G.(読み)あっばーてぃ

世界大百科事典内のアッバーティ,G.の言及

【マッキア派】より

… ファットーリは戦争画などにおいて動きのある人物を風景と調和させ,レーガSilvestro Lega(1826‐95)は戸外の婦人像など穏やかな主題を得意とした。シニョリーニTelemaco Signorini(1835‐1901)は風俗的主題を,アッバーティGiuseppe Abbati(1836‐68)はメランコリックな風景画を残した。このほか,R.セルネージ,V.ダンコーナ,C.バンティ,O.ボッラーニ,N.コスタ,A.チェチョーニ,V.カビアンカらがいる。…

※「アッバーティ,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android