コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アティー あてぃー

世界大百科事典内のアティーの言及

【ミャンマー】より

…10万人を超す比丘とそれに数倍する沙弥とで成る出家集団は,広範な在家信者の存在に支えられている。
[社会]
 王朝制国家であった19世紀以前のビルマでは,社会は,王権を支える官僚,軍人階層のアフムダンと,農民層のアティーという二つの身分によって成り立っていた。こうした身分制度はイギリスによる植民地化とともに消滅し,今日のビルマ人社会には身分制度は存在しないといってよい。…

※「アティー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アティーの関連キーワードスヴェシュタリのトラキア人の墳墓アマゾンファイアTVスティックラトナーカラシャーンティアテネのアクロポリスリンチェン・サンポ春香クリスティーンアクロポリス美術館シフノス人の宝庫リンチェンサムポラトナキールティアチーブメントエレクテイオンチベット仏教菩提道次第論アトランテスグージョンハムレットカーダム派池ノ辺貴成ルメルシエ

アティーの関連情報