コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > アドラール・ド・モーリタニー・エ・ストゥーフとは

アドラール・ド・モーリタニー・エ・ストゥーフ あどらーるどもーりたにーえすとぅーふ

世界大百科事典内のアドラール・ド・モーリタニー・エ・ストゥーフの言及

【サハラ砂漠】より

…【川田 順造】
[サハラの岩面画]
 サハラ砂漠の山岳地帯には岩面彩画・刻画が広く分布し,〈サハラ美術Saharian art〉とも呼ばれる。これらはタッシリ・ナジェール,ホガールHoggar,南オラン(以上,アルジェリア),アドラール・デジフォラス(マリ),アイールAïr(ニジェール),ティベスティ山地エネディ(以上,チャド),フェッザーン(リビア),アドラール・ド・モーリタニー・エ・ストゥーフAdrar de Mauritanie et Stouf(モーリタニア),南モロッコの各地に遺存する。彩画は岩陰の壁面に描かれ,刻画の多くは独立した岩塊に施されている。…

※「アドラール・ド・モーリタニー・エ・ストゥーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android