コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビシニア国際アフリカ人友好協会 あびしにあこくさいあふりかじんゆうこうきょうかい

世界大百科事典内のアビシニア国際アフリカ人友好協会の言及

【パン・アフリカニズム】より

…29年にはアフリカでの開催を計画してチュニス(当時はフランスの植民地)を候補地に選んだが,フランスに拒否されて果たさないうちに世界大恐慌が起こったため,それまで得てきた全米黒人向上協会(NAACP)の資金援助がとだえたこともあって,第2次世界大戦後まで会議運動は中断するにいたった。 しかしこの間,35年にイタリアのエチオピア侵略が起こると,在英アフリカ人,アフリカ系人によってエチオピア支援のためのアビシニア国際アフリカ人友好協会がロンドンに設立され,それを契機にパン・アフリカニズムは新たな広がりを見せはじめた。同協会の後をうけて,37年ロンドンに国際アフリカ人サービス・ビューローが設立され,文化的啓蒙活動を中心にパン・アフリカニズム志向の育成に努めた。…

※「アビシニア国際アフリカ人友好協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android