コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ協会 あふりかきょうかい

世界大百科事典内のアフリカ協会の言及

【アフリカ探検】より

…スコットランドの医師ブルースJames Bruceは1770年に青ナイルの水源タナ湖を発見した。彼はその探検を私費で進めたが,公費による組織的な探検が始まるのは,88年ロンドンに〈アフリカ内陸部発見を促進する協会〉(略称アフリカ協会)が設立されてからである。協会の設立提唱者は,J.クックの世界周航(1768‐71)に同行して調査に当たったこともある植物学者バンクスJoseph Banksである。…

【ニジェール[川]】より

…ニジェール川についてのヨーロッパ人の知識は18世紀中葉においてもなお貧弱であり,当時の最良の地図でさえニジェール川を東に発して西に流れる川とみなし,大西洋岸のセネガル川,ガンビア川,リオ・グランデ(コルバル)川をその端末支流として描いている。1788年にロンドンに〈アフリカ内陸部の探検を促進する協会〉(略称アフリカ協会)が設立されて,ニジェール川探検は本格化した。協会は探検家をエジプト側から,ついで北アフリカから,さらに大西洋岸から内陸部に向かわせた。…

※「アフリカ協会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフリカ協会の関連情報