コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ非核地帯条約 あふりかひかくちたいじょうやくPelindaba Treaty

知恵蔵の解説

アフリカ非核地帯条約

アフリカ大陸及び周辺海域、島しょを非核兵器地帯とし、域内の核兵器開発、製造、貯蔵、配備、核廃棄物投棄の全面禁止を規定した条約。1996年4月11日、エジプトのカイロで調印され、南極(59年)、中南米(67年)、南太平洋(85年)、東南アジア(95年)に続く5番目の広域非核地帯条約となった。同条約はアフリカ統一機構(OAU)加盟の53カ国・地域によって調印されたが、同時に域内での核実験、締約国に対する核兵器の使用と威嚇を禁止した3つの議定書に対し、核保有国である米、英、仏が署名(ロシアは留保)。また、条約の実施と監視のために国際原子力機関(IAEA)との協力関係を持つほか、南アフリカ共和国のペリンダバにアフリカ原子力委員会(AFCONE)を設置することにより、締約国の原子力の平和利用についての情報・技術の交換も行うことを規定した。

(林晃史 敬愛大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

アフリカ非核地帯条約【アフリカひかくちたいじょうやく】

ペリンダバ条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アフリカ非核地帯条約の関連キーワード核兵器禁止地域

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android