コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > アブド・アルハーリク・グジュドゥワーニーとは

アブド・アルハーリク・グジュドゥワーニー あぶどあるはーりくぐじゅどぅわーにー

世界大百科事典内のアブド・アルハーリク・グジュドゥワーニーの言及

【ナクシュバンディー教団】より

…中央アジアのブハラを本拠としたイスラム神秘主義教団(タリーカ)。アブド・アルハーリク・グジュドゥワーニー‘Abd al‐Khāliq Ghujduwānī(?‐1179∥80。1220没ともいう)を創設者として12世紀後半以来ブハラを中心に活動を続け,一般にはホジャ派として知られていたが,14世紀にバハー・アッディーン・ナクシュバンドBahā’ al‐Dīn Naqshband(1317‐89)が出現すると,彼の名にちなんでナクシュバンディー教団と呼ばれるにいたった。…

※「アブド・アルハーリク・グジュドゥワーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブド・アルハーリク・グジュドゥワーニーの関連キーワードナクシュバンディー教団

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android