コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーション方式 あぶれーしょんほうしき

世界大百科事典内のアブレーション方式の言及

【空力加熱】より

…一方,宇宙船の場合,大気圏に再突入する際の速度は非常に大きく,例えばアポロ宇宙船はM37で大気圏に再突入したので,その前面は5000~6000℃にもなった。アポロ宇宙船をはじめとする初期の宇宙船は,機体表面に塗布した耐熱樹脂が昇華する際の昇華熱を利用して冷却を行っていた(アブレーション方式)。再利用を目的としたスペースシャトルは再突入時の速度を低くする努力をしている(M25程度)が,それでも機首や主翼の下面は広範囲にわたって1000℃以上になり,全面をセラミックの耐熱タイルでおおって空力加熱に対処している。…

※「アブレーション方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブレーション方式の関連キーワード宇宙船

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android