コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブレーション方式 あぶれーしょんほうしき

世界大百科事典内のアブレーション方式の言及

【空力加熱】より

…一方,宇宙船の場合,大気圏に再突入する際の速度は非常に大きく,例えばアポロ宇宙船はM37で大気圏に再突入したので,その前面は5000~6000℃にもなった。アポロ宇宙船をはじめとする初期の宇宙船は,機体表面に塗布した耐熱樹脂が昇華する際の昇華熱を利用して冷却を行っていた(アブレーション方式)。再利用を目的としたスペースシャトルは再突入時の速度を低くする努力をしている(M25程度)が,それでも機首や主翼の下面は広範囲にわたって1000℃以上になり,全面をセラミックの耐熱タイルでおおって空力加熱に対処している。…

※「アブレーション方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone