コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > アブー・ムハンマド・アブド・アッラーフとは

アブー・ムハンマド・アブド・アッラーフ あぶーむはんまどあぶどあっらーふ

世界大百科事典内のアブー・ムハンマド・アブド・アッラーフの言及

【イブン・アブド・アルハカム】より

…富裕で有力な法学一家アブド・アルハカム家の一員として生まれ,おもに初期イスラム時代までのエジプトの歴史,地誌,裁判官史の記録を残した。父のアブー・ムハンマド・アブド・アッラーフAbū Muḥammad ‘Abd Allāh(772‐829)は《ウマル2世伝》の著者で,ほかに多くの法学書を著したが,散逸した。【森本 公誠】。…

※「アブー・ムハンマド・アブド・アッラーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone