コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペイ・アワンジンメイ あぺいあわんじんめい

世界大百科事典内のアペイ・アワンジンメイの言及

【チベット問題】より


[中華人民共和国の下で]
 共和国政府は51年5月,ダライ・ラマ政府と〈チベットの平和解放に関する協定〉を結んだ。いわゆる〈チベット協定〉で,調印者は中央政府の主席全権が統一戦線部長兼民族事務部部長李維漢,チベット地方政府がダライ政府の閣員アペイ・アワンジンメイである。協定では政教一致のラマ支配と信教の自由は保証されていたが,普通教育や西洋医学の導入は旧来の支配体制に風穴をあけ,54年,青蔵(青海~西蔵)・康蔵(西康~西蔵)公路の完成により社会生活万般の変革の基礎ができ上がった。…

※「アペイ・アワンジンメイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone