コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アペール,G.V. あぺーる

世界大百科事典内のアペール,G.V.の言及

【司法省法学校】より

…速成科は1877年7月に第1期生50名を入学させ2年間の速成教育を開始し,ついで80年と83年に卒業年限を3年とする第2・3期生を入学させた。講義を担当したのはボアソナードやアペールGeorge Victor Appert(1850‐1934)らフランス人教師と正則科第1期生の磯部四郎らであり,その内容は擬律擬判による法律実務の修得をはじめフランス法および日本民法草案等であった。かかる正則・速成両科の課程を修了した司法省法学校の卒業生は,帝国大学法科大学に引き継がれて卒業した者を含めると400名を超える(手塚豊《司法省法学校小史》)。…

※「アペール,G.V.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android