アマミヒイラギモチ(読み)あまみひいらぎもち

世界大百科事典内のアマミヒイラギモチの言及

【セイヨウヒイラギ】より

…雄株にも少し結実する。奄美大島に産するアマミヒイラギモチI.dimorphophylla Koidz.も葉に鋭いとげがある。【浜谷 稔夫】
[民俗,伝承]
 セイヨウヒイラギはケルト人の聖木で,生木を火にくべたりすることは固く禁じられ,また冬の間も緑を保つこの枝で家の周囲を飾り,森の精霊を迎える風習があった。…

※「アマミヒイラギモチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android