コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマラナーヤカ あまらなーやか

世界大百科事典内のアマラナーヤカの言及

【ナーヤカ】より

…古くは《アルタシャーストラ》に現れ,〈10ヵ村の頭〉を意味した。ビジャヤナガル王国時代の史料に頻出し,〈ナードゥ(郡)の支配者〉を示す称号,ダンダナーヤカとよばれる軍事・財務長官の官職名,あるいは徴税・軍事権を与えられた地方領主層としてのアマラナーヤカなど,さまざまの性格をもつナーヤカが存在したと考えられる。とくに16世紀後半,南インドの各地で地方勢力の独立化が進むと,タンジョール,イッケリ,ジンジー,マドゥラなどでは,その地に封じられていたナーヤカによる半独立領国体制が成立した。…

※「アマラナーヤカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アマラナーヤカの関連キーワードナーヤカ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android