コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミアオサ

海藻海草標本図鑑の解説

アミアオサ

からだは膜質で,大小様々な穴が多数空き,篭目状または網目状である。しばしば,からだがねじれたり,もつれて絡み 合ったりして,他の海藻に絡みついている。からだの縁辺部には穴の内側でも外側でも顕微鏡的鋸歯が見られる。細胞層は2層で,細胞の外側の細胞壁は非常に 厚い。手触りは柔らかい。生体は緑色〜黄緑色。押し葉標本は台紙につきにくい。属名のUlvaは女性名詞で,ケルト語の水(ul)に由来する。種小名「reticulata」は女性形で,「網状の」の意味。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のアミアオサの言及

【アオサ】より

…種類が多く,日本の沿岸だけでも約10種が生育する。体形は種類によって異なり,幅の広い葉状の体に多数の小穴があいたアナアオサU.pertusa Kjellm.(イラスト),穴が大きく生長して体が網目構造を呈するアミアオサU.reticulata Fors.,穴は少ないかまたはほとんどなく,全形がササの葉の形を呈するナガアオサU.arasakii Chihara,体が八重咲きの花弁のように重なり合うボタンアオサU.conglobata Kjellm.などがある。生殖は春から夏にかけてが多く,2本の鞭毛をもつ雌雄の配偶子による有性生殖と,4本の鞭毛をもつ遊走子による無性生殖とがある。…

※「アミアオサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アミアオサの関連キーワードアオサ(石蓴)アオサ