コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アミン,I. あみん

世界大百科事典内のアミン,I.の言及

【ウガンダ】より

…ウガンダの住民構成の複雑さは近年の国内政治にも影響を残した。最大勢力のガンダ族の力を巧妙に排除したオボテ大統領が失脚したあと,クーデタにより政権奪取をしたイディ・アミンは政敵の部族を弾圧し,深刻な国内不和を招いた。その後返り咲いたオボテ大統領の前にも,部族間の対立に根ざした問題が立ちはだかり,政情不安が続いた。…

※「アミン,I.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android