コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ独立党 あめりかどくりつとう

世界大百科事典内のアメリカ独立党の言及

【ウォーレス】より

…1963年知事就任式で〈今こそ人種差別を,明日もまた未来永劫に人種差別を!〉と叫び,当時もりあがった黒人闘争と連邦政府の人種的共学政策への反撃の先頭に立った。64年には反対党(共和党)の大統領候補ゴールドウォーターを支持し,68年には民主党を脱党して自らアメリカ独立党を結成して大統領選に出馬,一般票の13.6%を獲得する。得票数の7割は南部白人,3割は北部都市の白人低所得者層から投ぜられた。…

※「アメリカ独立党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アメリカ独立党の関連キーワードウォーレス(George Corley Wallace)ジョージ ウォーレスウォーレスウォレス州権論

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android