アラッツォ(読み)あらっつぉ

世界大百科事典内のアラッツォの言及

【タピスリー】より

… タピスリーの中心地はパリを除けば,アラス(現在,フランス),トゥールネ,ブリュッセルなどフランドルに集中している。とくにアラスはこの織物を指す普通名詞(イタリア語のアラッツォarazzoなど)として用いられるほど,有名であった。しかし現存するタピスリーの制作地を正確に定めることは,資料を欠くためにほとんど困難になっている。…

※「アラッツォ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android