コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリーフ ありーふ

世界大百科事典内のアリーフの言及

【俠客】より

…しかし,ズアルが〈ならず者〉あるいは〈盗人〉の域を脱してフトゥッワと結びつくようになるのは,16世紀以降のことである。 アイヤールやアフダースは,アリーフあるいはライースと呼ばれる長を選出してその指導のもとに軍事力を組織し,財源確保のために市場の商人から保護料を徴収した。彼らはムルッワ(男らしさ)やフトゥッワを行動の規範とし,トルコ軍人と戦ったり,富裕者の財産を略奪したりする一方では,女性や弱者の保護を旨としていた。…

※「アリーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アリーフの関連キーワードグレートバリアリーフ海中公園ハミルトン島コアラギャラリーレディーマスグレーブ島レディーエリオット島ウィットサンデー諸島ホワイトヘブンビーチグレートバリアリーフクイーンズランド州ウィットサンデー島グレートケッペル島ヒンチンブルック島フランクランド諸島サンゴの増殖研究ニンガルーリーフサウスモール島マグネチック島グラッドストンフィッツロイ島ブランプトン島オーフィアス島