コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

  • コトバンク
  • > アリー・ブン・ラッバン・アッタバリーとは

アリー・ブン・ラッバン・アッタバリー ありーぶんらっばんあったばりー

世界大百科事典内のアリー・ブン・ラッバン・アッタバリーの言及

【アラビア医学】より

… 以上のような翻訳時代を基礎として,9世紀に入ると早くもイスラム教徒の中から傑出した医学者たちが現れるようになった。それらのうちの若干の例を挙げると,アリー・ブン・ラッバン・アッタバリー‘Alī b.Rabban al‐Ṭabarī(810ころ‐?)は中央アジアのメルブで生まれ《知恵の楽園Kitāb firdaws al‐ḥikma》というアラビア語による最初の医学概論を著した。主としてヒッポクラテス,アリストテレス,ガレノスなどギリシア医人の説をシリア語訳から取捨しているが,付録にインドの医学者たちの説を紹介し,二つの医学体系の総合を試みている。…

※「アリー・ブン・ラッバン・アッタバリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone