コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゴンヌ研究所 あるごんぬけんきゅうじょ

世界大百科事典内のアルゴンヌ研究所の言及

【原子力】より

…54年にソ連では初の原子力発電所(5000kW)の運転が開始されている。
[原子力発電技術の進展]
 世界最初の原子力発電は1951年12月20日,アメリカのアイダホ州アルゴンヌ研究所における実験用高速炉に蒸気発生器と蒸気タービンを連動して行われた。アルゴンヌ研究所はアメリカにおける原子炉開発計画の中心機関となり,今日の軽水炉の基礎となるデータを与えた沸騰水型,加圧水型炉の開発試験計画をはじめその他各種の炉型開発計画が進められた。…

※「アルゴンヌ研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルゴンヌ研究所の関連情報